また、白々しい嘘を

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽愛好家

<<   作成日時 : 2006/10/18 00:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

凝りもせず、また健康ランドへ肩の凝りを治しに向かいました。

これはもう趣味といっても過言ではないですね。

今度から履歴書の趣味の欄には「湯治」と記載する事にします。



本日訪れたのは、「極楽湯」。

多摩センターのピューロランドに向かって右手に佇む、旅館風の建物です。

どうやらこの極楽湯、多摩の大地の奥底から温泉を汲み上げているようです。

私の家に店舗開店のチラシが届いていたので、
すわ一大事なりと、そのルーキーの実力の程を確かめに参りました。



建物の中を拝見しました。
1階はまるまるお食事処となっており、2階に肝心のお風呂があるという形です。

もしこれが1階にお風呂、2階にお食事処だったとすると、
お風呂上りの客をキャッチできません。
あたりまえのことですが、よく考えられたものだと感心いたしました。



続いて浴場内です。

ジェットバス、サウナ、露天風呂といった、健康ランドのデファクトスタンダードと呼ぶべきものは一通り揃っています。

特筆すべきは、電気風呂。
湯船の中に電気を流しているというものです。

こちらもちょっとした健康ランドなら、大抵は設置されております。

ですが、私は一向に慣れません。

三ツ矢サイダーの中に放り込まれたような感覚とでもいいましょうか。

電気風呂の経験をお持ちの方なら、私の言わんとしている事はご理解いただけると思います。



薫り高いヒノキ風呂もあり、広いサウナもあります。

再三申し上げますが、大学近辺に点在する学生相手の銭湯とは、天津飯とヤムチャほどの差があります。

そして、こんなナイスな施設が通学途中に存在する中央大学生に、羨望の目を向けずにはいられないのでした。

極楽湯(多摩センター店)
http://www.gokurakuyu.ne.jp/search/1301.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
極楽愛好家 また、白々しい嘘を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる