また、白々しい嘘を

アクセスカウンタ

zoom RSS 尾篭な試験監督

<<   作成日時 : 2006/10/16 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日、試験監督のアルバイトをしました。

試験監督の仕事というのは、
「細心の注意を払い、普段以上に気を引き締めて業務に当たらなければならない」
と言われております。

ところが実際は、非常に張り合いがない。

換言すると、仕事量があまりにも少ないのです。

経験をお持ちの方なら、勤務時間中いかに暇な時間が多いかご存知かと思います。



もちろん私は平身低頭、誠意を持って監督業務に当たりました。
本当です。信じてください。

ですが、いただいた謝礼と汗水流して得た賃金とを比較すると、
やはり「何か質が違う」という思いが止みません。



一つ、エピソードをお話いたします。

法的な守秘義務には抵触しないと思いますが、個人的な守秘義務を課したいエピソードを。



私は、教室の試験監督を任されました。

これは、試験が始まり、受験者が試験と格闘している時の話です。

続きはまた後ほど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
尾篭な試験監督 また、白々しい嘘を/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる